×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルツハイマー型 認知症

アルツハイマー型 認知症について

認知症は、家族の協力が必要不可欠な病気です。アルツハイマー病による認知症の住宅介護や基礎の知識など勉強しましょう。

認知症には、多発梗塞性認知症とアルツハイマー型認知症という2つのタイプがあることは御存知の方が多いと思います。多発梗塞性認知症とアルツハイマー型認知症では、原因・症状が異なるため当然ながらケアの方法も変わります。当サイトではアルツハイマー型の認知症の介護について紹介しています。

アルツハイマー型の認知症の介護では、すべての方に当てはまるような介護の方法があるわけではありません。当然ながら、被介護者の性格・特徴・介護をする人の経験などの多くの要素が含まれています。その中で、アルツハイマー型の認知証の一種の傾向で明るくにぎやかな様子を好むという傾向があります。また、アルツハイマー型認知症の症状は空想に更けるということがあります。頭の中に空想を抱き現実の世界とは違う独自の世界に入り込んでしまうのです。ですからアルツハイマー型認知症では、被介護者を集団で、集団のペースに乗せて、にぎやかに大勢で生活していくのがよいでしょう。

アルツハイマー型認知症の介護の特徴

アルツハイマー型認知証の特徴を分類して見て行きましょう。

生活:アルツハイマー型認知症では、周囲の人に必要以上の同調を求めます。また、一人で静かに生活することが不安などの気持ちを増徴させる傾向があります。

人間関係:アルツハイマー型認知症では好き嫌いの印象が激しく初対面でその是非を決める傾向があります。また、人間関係では心理的にも物理的にも大勢で密着した状態を好む傾向があります。

介護ケア:アルツハイマー型認知証では被介護者が空想・虚構の世界で生きている場合がほとんどです。このため説明をして納得させるという行動が非常に難しいといえます。実際に被介護者に何かアクションしてもらわなければならない場合には、説明などで納得させるのではなく直感的な方法が必要となります。大勢の人の勢いでアクションを促すなどが代表的だといえます。

アルツハイマー型認知症の具体的な行動

アルツハイマー型認知症の具体的な行動をあげると「物取られ妄想」などがあります。 アルツハイマー型認知症のお年寄りにとってお金や通帳などの大事な品物が無くなったと騒ぎ出し、たいていは身近な人が犯人として疑われることが多いようです。

こんなときに取り乱したりしないで、一緒に探すなど、困っているお年寄りのきもちになって接してあげましょう。

また、便をいじるなどの不潔行為が見られる場合もそのことを言葉に出してののしることはやめて、まずは汚れている体を洗うことや、爪をあらかじめ切っておくなどの対応も必要です。

これ等の行為の原因としてはオムツが体に合わないとか取り替えられていなくて心地が悪いなどということもあるかも知れません。

これ等のオムツのつかい方としては、まずは1〜2回失敗したからといってすぐにオムツにしないことがよいとされます。

また、オムツを使用していてもトイレには行くようにしてください。 オムツをつかうことはお年寄りの自尊心を傷つけることでもありますので注意をしながら接するようにしてください。